虫歯・歯周病

虫歯について

▼虫歯はどうしてできるのか

歯の表面に付着した食べかすや歯垢を虫歯菌が分解する際に酸を発生し、その酸が歯を溶かすことにより虫歯ができるのです。

▼虫歯を予防する方法

虫歯菌を無くしてしまうか、食べかすや歯垢を無くしてしまうかですが、虫歯菌を無くすことは不可能なのできちんと歯を磨くことです。

詳しくは、お問い合わせ下さい。



歯周病について

▼歯周病はどうしてできるのか

歯周病(歯槽膿漏)は大きく分けて、歯肉炎と歯周炎にわけられます。

日本人の場合、歯肉炎は10~20代前半ですでに60%の方がかかっているといわれ、50才代でおおよそ80%の人がかかっているといわれるほど、多くの方が悩んでいる歯の病気です。

だれもがかかっている病気だからといって軽視していると最後には取り返しのつかないことになってしまう怖い病気です。

▼予防法

「静かなる病気」と呼ばれるほど、自覚症状がほとんど感じられない病気で、気づいたときには、歯の土台(歯槽骨)がボロボロになり、重症になっているケースも少なくありません。

そうなってしまえばまともに食事すらできなくなってしまいます。歯周病を予防するには、早期発見、早期治療がキーとなります。

詳しくは、お問い合わせ下さい。

ページトップへ